この記事では、AIで項目がうまく検出されない場合についてまとめています。

詳細については、各項目のリンク先をご確認ください。

■「エラーが発生しました」と表示されたら

「エラーが発生しました」「AIで類似のプレイブックを検索しましたが見つかりませんでした」と表示された場合は、審査している契約書がGVA assistの”AI”では読み取れない形式であった可能性があります。
詳細はこちら


■【"AI" の精度が悪いかなと思ったら】 "AI" の精度を上げるヒント集

審査対象の契約書に実際には条文があるのに「不足項目」として検出されてしまう、フォーカスが意図した条文に飛ばないといった場合、審査対象の契約書における条文の記載について、それが一般的でないか、"AI" が読みにくいものであることが原因かもしれません。

詳細はこちら

■【フォーカスがずれる? 不足項目として出てしまう?】 条文単位で「改行(改段落)」がされていないケース

Wordアドイン画面の項目においてフォーカスボタンを押しても意図した条文に飛ばないときは、審査対象の契約書が条文単位で「改行(改段落)」されていないことがあります。Word では特に「改段落」と「改行」を区別しており、GVA assist は「改段落」を重視しています。

詳細はこちら

■【条文はあるのに不足項目として出てしまう?】 契約書に「表」や「テキストボックス」などがあるケース

契約書に「表」や「テキストボックス」があるケースでは、GVA assist は「表」や「テキストボックス」の中に記載されている文章を検出することができず、フォーカス機能が使えません。

詳細はこちら

■【リスクポイントに表示される数と、リスクになっている条文の数が一致しない】複数マッチングしているケース

Wordアドインの「リスクポイント」に表示される件数と、条文一覧についている「リスク」のアイコンの数が一致しないことがあります。

詳細はこちら


回答が見つかりましたか?