*GVA assist 管理画面*
https://user-setup.ai-con-pro.com/

ひな型外条文とは?

自社ひな型に含まれない条文でよく追記される条文や相手方から提示を受ける契約書に
含まれることが多い条文や削除すべき条文について、ひな型外条文として登録することで
「ひな型外条文」として検出し、抜け漏れなくチェックが行えます。

①ひな型外条文の登録

ひな型外条文を設定したいプレイブックを選択し、画面下部の「ひな型外の条文」という見出しの右側にある「追加」をクリックしてください。

※ひな型外条文は類型・立場ごとで作成するので、当該プレイブックと同類型・同立場の同じプレイブックにも反映されます。

②ひな型外条文の追加画面

ひな型外条文の追加画面です。
「条文タイトル」とリスク条文設定をします。

※リスク条文設定とは

審査対象の契約書に含まれていた場合、削除を検討すべき条文をリスク条文に設定をします。

リスク条文設定をすると、リスクポイントとして検知され、見落としを防げます。

『リスク条文設定』にチェックが入っている状態がデフォルトになります。

③「チェックポイント」「解説」の記入

ひな型外条文の「チェックポイント」、「解説」を入力します。

(記入例)

リスク条文の場合

・リスクになる理由、ポイント
・この条文があることで自社にどんなリスクがあるか
・この条文を受け入れざるを得ない場合の承認フロー
・どういう修正をすれば受け入れられるかの変更例、交渉用コメント

リスク条文ではない場合

ひな型条文と同様に、
・この条文が書かれている意図、背景
・審査するときの注意点
・確認項目
・どんな内容だと自社にとって不利か
・自社有利に変更する場合の変更例、交渉用コメント

④ひな型外条文欄

次に、ひな型外条文を登録します。条文は最大で5つまで登録することができます。
ひな型外条文を複数登録することで、"AI" の判定精度を高めることができます。

なお、ひな型外条文を複数登録したとしても、Word アドイン画面上で「ひな型外条文」の条文内容として表示されるのは類似度の最も高い1件のみです。

⑤削除条文集をお持ちの場合

弊社からご提供している「削除条文例集」のExcelから設定する場合は、次のとおり転記してご使用ください。

削除条文例集「類型_立場」シート

削除条文を登録する契約書と同じ「類型_立場」のシートを開き(画面は「業務委託契約_受託者」のシートのもの)、「類型_立場」シートの各列から内容をコピーして、管理画面の各項目欄に順次ペーストしていきます。
 ※貴社ルールに合わせて、適宜記入内容は変更をお願いいたします。

⑥入力後の画面

⑦保存

入力を終えたら「保存する」ボタンを押してください。

保存に成功すると「登録完了しました」との表示が出ます。

審査対象の契約書の中に、ひな型外条文と類似した条文を検出するとこのように表示されます。

(Wordアドイン版)

(ブラウザ版)

⑧保存したひな型外条文の確認

保存したひな型外条文は、プレイブックの下部に表示されます。

ここでリスク条文のチェックのON、OFFや、削除が可能です。

上部メニュー「ひな型外条文」から探すこともできます。

類型と立場を選択すると一覧で表示されます。

タイトル名をクリックして、登録されたひな型外条文の編集画面に移ることができます。


■登録したひな型外条文の削除について

登録したひな型外条文を削除したい場合は、「ひな型外条文一覧」から該当の契約書を選択し、右側に表示されているゴミ箱マークをクリックし、削除を行います。

以上が、ひな型外条文の登録方法です。

回答が見つかりましたか?