①ストック条文を使用する場面

契約書審査をしている際に、「メモとして残したい」「法務担当者間で共有したい」と思えるような条文があった場合、条文ストック機能を使いましょう。

②ストック条文機能のボタンをクリック

【Wordアドイン版の場合】

アドイン上部の 🔍マークをクリック後、下部にある「📁」マークをクリックします。

【ブラウザ版の場合】

画面左側のメニュー内の「条文検索」メニューをクリックすると、下の画像の画面が開きます。検索をかけ、このような画面が表示されたら右下にある 「📁」マークをクリックします。

③ストックしたい条文の記入

【Wordアドイン版の場合】

【ブラウザ版の場合】

  • 条文内容」欄:必須記入項目

    ストックしたいと思った条文の文言を記入、またはコピー&ペーストします。

  • メモ」欄:任意記入項目

    条文をストックする意図やストックした条文の使用目的などを自由に記入できます。条文検索機能において、条文内容と一緒に表示されます。

条文内容」欄と「メモ」欄に記入した内容は、条文検索機能の検索対象となります。

※入力文字数の上限はありませんので、条文内容、メモに残しておきたい事項を全ていれることができます。

★ポイント★

条文の文言以外にも、検索のキーワードで使いそうな文言として、条文タイトルや相手方名称、案件名、などを入れておくことで検索がしやすくなり、条文検索の時間短縮が図れます。



④条文のストック

記入を終えたら内容を確認して、「保存する」ボタンをクリックしてください。

【Wordアドイン版の場合】

【ブラウザ版の場合】

保存されると「条文がストックされました。」と表示されます。

【Wordアドイン版の場合】

【ブラウザ版の場合】

⑤条文検索機能での検索

ストックした条文を条文検索機能で検索してみましょう。

(条文検索機能の使い方はこちら:【Wordアドイン版】条文検索機能の使用方法

条文内容欄に記載して登録しておくことで、相手方名称や、案件名をキーワードとして検索できます。
検索結果には、条文内容とメモだけでなく、ストックしたユーザーのID(メールアドレス)とストックした日付も併せて表示されます。

検索したい条文が、条文ストック機能を用いて登録したものであることがあらかじめわかっている場合は、絞り込みを「ストック条文」とし、自分がストックした条文から探したい場合は「自分のストックのみ」にして検索をすることで、検索結果を絞り込むことができます。

【Wordアドイン版の場合】

【ブラウザ版の場合】

⑥ストック条文の登録者名から、ストック条文の編集ができる管理画面に推移

ストック条文の登録者名のクリックすると、ストック条文の編集や削除ができる管理画面にいくことができます。

※ご利用のアカウント権限によってはこちらの機能はご利用いただけない場合があります。

【Wordアドイン版の場合】

【ブラウザ版の場合】

編集したいストック条文を選択して、編集や削除を行います。

【管理画面】

回答が見つかりましたか?