◆リスク検知機能

リスクになりそうな単語や削除を検討すべきな条文を登録することで、審査対象の契約書条文に登録したリスク単語や条文がある場合に、『リスクポイント』として、確認することができます。

また、登録したリスクワードやリスク条文は、審査契約書の該当箇所が太字で表示され、一目でリスクを確認できるようになりました。

①リスクワード検知

リスクになりそうな単語を管理画面で登録することで、審査対象の契約書条文に登録したリスク単語がある場合に、該当ワード太字で表示され、リスクを確認することができます。

■リスクポイントの設定

※リスクポイントの設定は、エンタープライズプランのみとなります。

AI-CONプレイブックは、GVATECHが設定したリスクポイントが検知されます。

【管理画面で設定】

*AI-CON Pro 管理画面*
https://user-setup.ai-con-pro.com/

契約書の該当の条文欄にあるリンクワード欄の『審査契約書にあるとリスク』に、リスクになりそうな単語、または、リンクの起点になりそうな単語を入力し、登録していきます。

(管理画面)

※登録した単語のみ検知されます。

(現在は、類義語や「全て」・「すべて」などの表記が異なる単語は検知できません。)

<リスクワード登録例>

損害賠償)・・・一切、特別、間接、逸失利益、含、弁護士費用 など

◆複数単語登録も可能

複数のリスク単語を、上記画像のように「逸失利益 含」とスペースを入れて設定すると、「逸失利益」と「含」が2つとも含まれる場合にリスクとして検知されます。

【Wordアドインでリスク条文の検知】

設定したリスク単語が検知された場合、審査している契約書の該当単語太字になり、一目でリスクのある箇所が分かります。

(Wordアドイン)

②リスク条文(削除を検討すべき条文)検知

自社ひな型に含まれていない削除を検討すべき条文を 『リスク条文設定』することで、該当条文全文太字になり、リスク条文として確認することができます。

【管理画面の 『ひな型外条文』で設定】

ひな型外条文の一覧で 『リスク条文設定』ができます。

(管理画面)

また、個別のひな型外条文内で設定することもできます。

【Wordアドインでリスク条文の検知】

設定したリスク条文が検知された場合、審査している契約書の該当条文全文太字になり、一目でリスクのある条文が分かります。

Wordアドイン側は、『ひな型外条文です』と赤字で表示されます。

(Wordアドイン)

以上がリスク検知機能の説明となります。

リスク検知機能を活用し、効率的にリスクを漏れなく確認し契約書レビューを行いましょう!

回答が見つかりましたか?