GVA assist は、理想的なひな型である「プレイブック」との比較・参照によって、契約審査の「読む・直す・仕上げる」をアシストします。

【ブラウザ版】GVA assist の使い方

  1. 契約書レビュー

    1. 契約書をアップロード

    2. プレイブックを選択

    3. 審査画面の構成

    4. リスクのある箇所をチェック

    5. フォーカスボタンをクリック

    6. プレイブックを参照

    7. 不足条文を確認

    8. 確認済みのチェックボックス

  2. 条文検索

ひな型ダウンロード


ブラウザ版 GVA assist のログイン

(↑からアクセスしてみましょう)


1.契約書レビュー

①契約書をアップロード

左側メニューの「契約書レビュー」をクリックし、レビューしたい契約書をアップロードします。下部には、過去にアップロードした契約書が表示されています。

レビューできるのは、次の形式のみです。

  • Wordファイル(docxのみ。doc等は非対応)

    ※変更履歴やコメントが入ったままでもアップロード可能ですが、コメントは消え、変更履歴は確定版で表示されます。

  • PDF(テキストがコピーできるもののみ。スキャンした画像データなどは非対応)

詳しくは以下をご覧ください。

②プレイブックを選択

レビュー時に参照するプレイブック(理想のひな型・ノウハウ)を選びます。

  • 『類似度検索』では、アップロードされた契約書の内容を読み取り、参照するのに適したプレイブックがおススメされています。

  • その中から、左側の契約書と『契約の種類×自社の立場』が同じプレイブックを選択します。

プレイブックの検索方法は、その他に、『タイトル検索』、一覧から類型、立場を選んでいく『条件検索』があります。

ご自身が探しやすい検索方法にてプレイブックを選択してください。

参照するプレイブックを選んだら、『契約書審査を開始する』を押して審査を始めます。

(さあ、ここからが本番。契約審査を始めましょう!)

<審査画面の構成 /左側と右側の関係>

レビュー画面は、左側で『読む』右側を使って『直す』、という構成で設計されています。


③左側を『読み』、注意して検討すべき箇所を発見する(リスク検知)

1条から順に読んでいきます。注意して検討する必要がある箇所をリスク検知機能が知らせてくれます。検知した箇所には、「リスクタグ」(リスク単語/不足単語)が表示されています。

リスク検知機能によるピックアップは、「リスク単語」「不足単語」の2つの観点があります。

  • 「リスク単語」

    左側の審査対象契約に入っているとリスクになり得るワード、注意して検討した方がよいワードがピックアップした場合に表示されます。

  • 「不足単語」
    審査対象契約には欠けている要素がある場合に表示されます。

④ 「フォーカス」ボタンをクリック(左→右を繋ぐ)

レビュー契約書を上から読んでいき、リスクタグが付いている等、詳しく確認したい条文があれば、青い四角のフォーカスボタンをクリックします。
選択した条文に対応する参照すべきプレイブックの条文箇所(下図参照)が青枠で表示されます。

⑤右側を使って『直す』(プレイブックの参照)

フォーカスされた右側の条文タイトルをクリックすると、ノウハウ詳細ページに移動します。
『推奨条文』、 『オプション条文』、 『解説』 タブに分かれています。適したノウハウ・ナレッジを提供することで、「直す」作業をアシストします。

  • 『推奨条文』タブ
    「チェックポイント」と「推奨条文」を参照できます。

    GVAプレイブックでは、次の内容を参照・活用できます。 
     『チェックポイント』:条文の中の着眼点と推奨する『修正方針』
     『推奨条文』:チェックポイントの方針を踏まえた『修正条文例』
  • 『オプション条文』タブ
    複数の「オプション条文」カードを参照できます。

    GVAプレイブックにおけるオプション条文の位置づけは次のとおりです。 
    ・推奨条文よりも譲歩した条文例
    ・取引条件などに応じた別パターンの条文例
  • 『解説』タブ
    条文の解説が確認できます。

    GVAプレイブックでは次の内容を記載しています。 
    ・チェックポイント記載の着眼点について、どの程度譲歩できるか。
    ・法令等を引用した条文の根拠、背景。
  • テキスト簡易コピー(テキストの入力作業を省略する)

    プレイブックで活用したい条文案やテキストの上でワンクリックするか、コピーしたい範囲をドラッグして選択してみてください。その条文の文言がコピーされます。
    契約書の直したい箇所にペーストすることで、テキスト入力作業を省略できます。

  ⅰワンクリックコピー(全文コピー)

   「不足条文」とされた条文などを、条文丸ごとレビュー契約書に挿入する際に便利です。

   ⅱ選択範囲コピー(選択部分のみコピー)

   レビュー契約書の内容に不足や変更したい点がある場合、必要な部分のみをプレイブック
   の条文からコピーする際に便利です。

不足条文を確認する(『仕上げる』負担を軽く)

『不足条文』では、レビュー契約書(左側)に不足しているプレイブックの条文を知ることができます。★マーク(重要マーク)の有無を目印にして、不足している条文を補いましょう。

(前述のワンクリックコピーを使ってみてくださいね!)

⑦チェックした条文に「確認済み」チェックを付ける

ちゃんと確認したい条文を見終わったら、左下の「確認済み」ボックスをクリックしてみてください。

この機能を使って、審査のやり残しを防ぐことができます。

『確認済み』を押した項目は、プレイブック全体で一目で確認ができます。

契約書レビューの基本的操作方法は以上です。
これで、作業に余分な時間をかけずに、的確なレビューを進めていくことができますね!

2.条文検索(条文作成の手間を省く)

プレイブックに似ている条文がなかった場合など、数百種類のプレイブック条文やストック条文からお目当ての条文を検索して、レビュー時に活用することができます。

左側メニューから、「条文検索」をクリックしてください。

詳しい使用方法は↓をクリック

3.ひな型ダウンロード(契約書の作成)

数百種類のGVAプレイブックや管理画面からアップロードした自社ひな型を、Wordファイルでダウンロードすることができます。

左側のメニューから「ひな型ダウンロード」をクリックし、契約書タイトルで検索できます。

ダウンロードしたい契約書を選び、「ダウンロードする」をクリックします。

※末文、記名押印欄はついておりませんので、追記してください。

※別紙等が必要な契約書がありますのでご確認ください。

また、上部の『条件検索』から、類型ごとに探すことも可能です。

以上、基本的な使い方についての解説でした。さっそくGVA assist にアクセスしてみましょう!

【appendix】

◆左右幅の調整◆

左側の右側の表示幅を変更できます。自分の見やすい幅に調整することができます。

◆GVA assist プレイブックと自社プレイブック◆

プレイブックには「誰が作ったものか」によって、「GVAプレイブック」と「自社プレイブック」の2タイプあります。

◆「類似度検索」以外のプレイブック検索方法◆

「類似度検索」のほかに、2つのプレイブック検索方法があります。

  • 『キーワード検索』では、契約書タイトルの検索によりプレイブックを探すことができます。

  • 『条件検索』では、類型×立場ごとに、一覧をスクロールしながら探すことができます。

◆プレイブック決定前に、プレイブックひな型をプレビューする方法◆

  • プレイブックのタイトル上でマウスをとめると、『全文を確認する』リンクが表示され、プレイブックひな型を確認することができます。

◆アラート用語解説◆

  • 『全条文』・・・選択したプレイブックと比較した全ての条文が確認できます。

  • 『不足条文』・・・審査対象契約では欠けているプレイブックの条文が確認できます。

  • 『リスク単語/条文』・・・ピックアップされたリスク単語/条文の数が確認できます。

                (詳しくはこちら)

  • 『不足単語』・・・ピックアップされた審査対象契約で不足している要素が確認できます。

                (詳しくはこちら)

フォーカスの複数マッチ◆

フォーカスした条文に対応するプレイブックが複数ある場合は、該当する条文タイトル(下図参照)が青枠となり、下部に該当件数が表示されます。


フォーカスの複数マッチ②◆

複数の条文がマッチした場合は、フォーカスマークの横にマッチした件数が表示されます。

フォーカスを件数分クリックすると、審査契約書の対象条文に移動します。

◆アドインの条文から対応する審査条文へのフォーカス(逆フォーカス)◆

反対に、プレイブックの条文で確認したい項目がありましたら、条文タイトル横の「+」マーク(カーソルを近づけると「フォーカス」というチップ表示がされます)の部分を押してください。

審査契約書の対応する条文タイトルにフォーカスが当たります。

◆契約書の修正はどこで行うのか?◆

現在、ブラウザ版GVA assist には契約書編集機能がありません。
ブラウザ上で契約書自体の修正・コメントの追加などはできませんので、別途Wordファイルで行ってください。

◆PDFでアップロードした契約書をWordでダウンロード◆
アップロード一覧よりWordでダウンロードができます(インデント、フォント等は元のPDFと同じではありません)。

◆前回の審査結果をもう一度見るには?◆

  • アップロードしたレビュー契約書をクリックすると、前回レビューに使用したプレイブックが自動的に表示されます。

◆審査ステップごとの機能とコンテンツ◆

下記機能・コンテンツを参照して契約審査を行います。

<読む>

 ・リスク検知(リスク単語/不足単語)

<直す>

 ・フォーカス機能

 ・チェックポイント

 ・推奨条文

 ・オプション条文

 ・コピー

<仕上げる>
 ・不足条文検知+追加
 (※形式チェック機能はWordアドイン版のみになります。)

以上になります。ご覧いただきありがとうございました!


回答が見つかりましたか?