【法改正】育児・介護休業法

レビュー用プレイブック、ドラフト用ひな型の改修


2022年4月1日、2022年10月1日施行の育児・介護休業法に伴い、該当レビュー用プレイブックおよびドラフト用ひな型の改修を行いました。

今回の育児介護休業法改正は、2022年4月1日と10月1日に分けて段階的に施行されます。

厚労省が公開しているは10月1日施行の内容も一緒に含まれており、10月以前と以後で使用すべき条文等が区別されていないため、厚労省モデルの規則は、社内作成分の育児・介護休業等に関する規則、就業規則も10月1日施行の内容を含んだ内容に対応しております。

就業規則(2022年4月1日、10月1日施行 育児・介護休業法改正に対応)

育児・介護休業等に関する規則(2022年4月1日、10月1日施行 育児・介護休業法改正に対応)

育児・介護休業等に関する規則(厚労省モデル_2022年4月1日、10月1日施行 育児・介護休業法改正対応版)


2022年4月1日、2022年10月1日施行 育児・介護休業法

~2022年4月1日から段階的に施行~


■法改正の概要

※2021年6月に育児・介護休業法が改正されました。

  1. 男性の育児休業取得促進のための子の出生直後の時期における柔軟な育児休業の枠組みの創設 【令和4年10月1日施行】

  2. 育児休業を取得しやすい雇用環境整備及び妊娠・出産の申出をした労働者に対する個別の周知・意向確認の措置の義務付け 【令和4年4月1日施行】

  3. 育児休業の分割取得 【令和4年10月1日施行】

  4. 育児休業の取得の状況の公表の義務付け 【令和5年4月1日施行】 

  5. 有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和 【令和4年4月1日施行】

(出展:厚生労働省 育児・介護休業法について https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html



民法改正チェッカー廃止


2020年4月施行の民法改正を確認できる民法改正プレイブックは、改正から時間が経過したため廃止いたしました。

回答が見つかりましたか?